2020年夏アニメ感想(32本)

まだ全部終わってないので未完だけど秋アニメに気持ちを移したいから公開しちゃう。

未完走作品については随時更新していきます。更新したらツイッター(https://twitter.com/VuIcan1)で告知するのでよろしく。

総括は全部観てから書こうと思う。ここ数年で稀に見る良クールだったことは先に言っておきます。

 

 

AICO……7点

配信時期的には今期アニメじゃないんだけどネトフリ入ってないから今期で初回収。内容はSF。岡本倫作品で義務教育を終えたオタクとしては結構良かった。でもキャラデザが余り得意になれなかった。同じキャラデザの神田川JET GIRLSの顔は好きだったから塗りとかそっちの問題なのかな……作画に詳しくないのでわかりません。内容ですが、脳と身体のどっちが人工か、みたいな中盤~終盤の謎が初見だとよくわからなくて(視聴解像度の低さ)、見直してやっと理解した。どっちのアイコを救うのか、みたいな展開は結構好き。女の子が深層空間?みたいなところで概念的・精神的な会話をする作品好きなんですよね。こういうアニメを観るとあ~頭つかってる~ってなって気持ちいい。


天晴爛漫……3点

つまらなすぎて毎週( ´_ゝ`)フーンってなりながら見てた。レースを主軸にした作品なのに、展開するのはいつも車を止めて陸上で起きる事件。じゃあレース要素いらなくない? 小雨が撃たれた時、今まで冷たいというか無関心ですみたいな顔をしていた天晴が急に「小雨死なないで~」みたいになったのも不自然だった。しかも案の定死なないし。最後も予想可能だったし、適当に西部劇っぽいことやりたくて作ったみたいなアニメだった。PAは無理してオリジナル作品作らなくても良いと思う。ジンシャーレンがむちむちしてて可愛かったのと、列車戦闘があったのは加点。


アラド 逆転の輪……2点

中国ではすでに1クール目が放送されてるらしくて、なぜか日本では2クール目から放送。意味不明でめっちゃ笑った。今期のダメすぎて愛おしい枠になり得るかと思って期待してた。でも蓋を開けてみたら結構まともで肩透かしを食らってしまった。むしろ日本のジビエートの方が100000000倍ダメで、話題を持っていかれてしまったなという感じ。しかし1クール飛ばしてるので(0話があったとはいえ)内容をよく理解することもできず、なんとも微妙だった。そんなわけで特に思い出なし。オウテンサイとかいう名前はちょっと面白いからこの先も覚えてると思う。というか時間が深すぎるし前枠のカノカリで消耗してるから眠くて仕方がなかった。テレ東の意味不明な買い付けと番組表の編成によって日本市場の獲得に失敗した不運なアニメ。同情の2点。


戦乙女の食卓……7点

 なんかかわいいキャラが出てきてご飯食べてほっこり。みたいなアニメ。レシピ助かる(オタクお料理研究会)。僕は雷電芽衣ちゃんが好きなので3話のクリームシチュー回が好きかな

 

異常生物見聞録……10点

完璧。こういうアニメが良いんだよ。ヴィヴィアン可愛い。教えてヴィヴィアン先生。予告の絵もかわいい。ショートアニメの絵もこれはこれで好き。あとデータ端末の名前がデータ端末なの笑う。そのまんまかよ。後半出てくるキャラも可愛くて、セイレーン姿の時は裸になる南宮五月……♡  とにかくあらゆるキャラに萌えれる。(萌えるとかいう死語)  慣れてくるとイザックスさんすら可愛く見えてくる。あまりに楽しかったから最終回が怖かったんだけどヴィヴィアンの血液検査や莉莉のメイドさん姿などサービス盛り沢山の神回でしたね。2期がありそうな終わり方をしたので楽しみに待ってます。

12月発売のねんどろいどヴィヴィアンを予約したのが8月で、その時は「もし後半にかけて失速して熱意を失ったらどうしよう」と不安になりましたが、そんなことはなく最終回まで大好きな気持ちを保つことができました。発売が待ちきれないよう

あとdアニメストアおすすめアニメ投稿企画に応募したら自分のコメントが掲載されてちょっと嬉しかった。↓(『推薦コメントが印象的な10作品』に入ってました)

f:id:vulcannaa:20200915182302j:image

円盤発売してくれないかなあ。待ってる


宇崎ちゃんは遊びたい……0点

宇崎とかいうキャラを可愛いと思えなかった。低身長年下白髪短髪巨乳ウザキャラ、全て僕の好きな要素の正反対で、ここまで好みから外れることってあるんだなって感心すらしてしまった。他のキャラも眼鏡がいたりで我嗜好とかけ離れてた。そのほかにもギャグが普通につまらないし、鳥取ageもは?ってなったし、とにかく自分が見る必要はないなと思いながら全部観た。恨みの0点。このアニメ嫌いすぎてフェミニズム運動に傾倒するまである。まあ嫌いな原因が全てキャラのビジュアルに帰するから、自分のキャラの好みの問題なだけで好きな人はいるんだろうな。2期やる人気はあるわけだし。はぁ……


うまよん……6点

これもしかしてシンデレラガールズ劇場

 

オオカミさんは食べられたい……8点

かなり良い。これまでの僧侶枠と違ってヒロイン側が積極的に先生の陰茎を狙いに行ってるのが良い。我性癖に刺さる。でもスカート強奪おじさんはリアルに怖いのでNG。性犯罪ネタで笑えないタイプのオタク

 

おばけずかん

 

超普通都市カシワ伝説R

 

彼女、お借りします……8点

最悪女性観アニメって感じで倫理観も何もあったものじゃない醜悪アニメだったんだけど、視聴に飽きなかったのも事実。エンターテインメントの本質って感じ。嫌いなんだけど好き、みたいな。もしかして水原千鶴もこんな気持ちだったのかな…………

 

 

巨人族の花嫁……6点

まあいつもの女性向け僧侶枠。同じ女性向けでも女性主人公+イケメンのパターンの方が好きかな。画面がむさくるしくて視聴が楽しくない。別に苦痛ではなかったけど。

 

GETUP! GETLIVE! #げらげら……1点

天津向嫌い というか普通にギャグが面白くなかった。


恋とプロデューサー~EVOL×LOVE~……8点

こういうイケメン大量逆ハーレム+サスペンス+SFみたいなの、結構好きなんですよね。(ニル・アドミラリの天秤っぽい) つまり乙女ゲームは最高。内容は結構ぶっ飛んでて、最初のテレビ局の話からずいぶん離れた感じのラストになった。偶然出会ったと思っていた登場人物がほとんど全員主人公(名前無いんですよね。クレジットは『わたし』)と過去に接点があるのもご都合って感じだったけど、多分制作的に全体の整合性よりも場面ごとの瞬間的な気持ちよさを優先した結果だと思う。キラの戦闘シーンとか凄い画面が綺麗で観てて楽しかった。OP映像もすごく好き。とりあえずイケメンにイケボ当てて美麗背景でアクションさせようという意気込みが感じられてよかった。こういうのでいいんだよって感じ。たまに面白い絵があって笑っちゃったけど。(キラとわたしを追いかけてタワーに登る敵の映像とか)


ジビエート……9点

今期のダメすぎて愛おしい枠。本当にダメだった。テンポは緩慢、絵は止め絵連打。そもそも絵が古すぎて本当に2020年のアニメか?となってしまった。プロデューサーの青木良とかいう天才。ストーリーも意味不明なところが多すぎるし、急に回想入ったりと内容面でも完璧だった。一番笑えるのは内容が薄すぎて尺が余るからか、話すのがゆっくりだったり明らかに無駄なシーンが挿入されるところ。「今のシーンいる?」みたいなのが全体の70%くらいを占めてるアニメなんて初めて見た。最終話にかけて明かされる衝撃の事実。後出しも後出し。「こういう結末もありってことだ」じゃあないんだよ。ズルすぎ。笑顔。絵が面白いアニメ(ダイナミックコード等)や内容が面白いアニメ(魔法戦争等)はたまに出現して我々を楽しませてくれますが、その両方を兼ね備えてる素晴らしいアニメです。今の時代だからこそ、聞いて欲しい。円盤3000セット売れたらなんかやるらしいね。みんな買おう!(他力本願)

 

デカダンス……4点

サイボーグたちのデザインをスポンジボブみたいにした意味がわからなかった。そして舞台が電脳空間とかいうわけでもなくて実在する世界だからますます人間と同じ空間にいるスポンジボブが滑稽に見えて、シリアスな内容にそぐわないように思えた。

カブラギが普通に生き返るのもしょうもなってなってしまった。

10話でナツメが自分の正体に気づいた時は「これグランベルムじゃん!」ってテンション上がったのに、その後の展開が適当すぎてダメだった

 

ド級編隊エグゼロス……8点

星乃雲母がかわいい。エロイ。以上。正直他のエグゼロスはあんまりだったな。黒雲母とかいう天才設定。でも僕はやはり普通雲母の方が好き。どちらにせよやはり加隈亜衣さんの声は良いものだ。ノーベル声質賞。脳に良い。そして良いと言えばED。これは良い曲ですわ。間奏で喘ぎ声があるの流石に笑う。加隈亜衣さんへの崇敬の念がただただ高まるアニメだった。ストーリーと作画はまあ………………w

 

ノー・ガンズ・ライフ……5点

後半ベリューレン社とかが出てきたけど特に興味なしって感じだった。1クール目のお悩み解決パートの時からはちょっと面白くなった気がしたけど、十三とかの過去が明かされても( ´_ゝ`)フーンって感じだった。ゲストキャラの声優目当てで見始めたからモチベ低かった。すまんな 続編決まったので視聴継続戦争カレリア戦線

 

ハクション大魔王2020……9点

めっちゃ良かった……50年前の子供と今の子供を比べるというテーマとカンちゃんの夢を探すというテーマからさまざまなお仕事体験に繋げるのが構成として良かった。これら2点によって毎回異なるテーマを決めるという話の作り方は飽きずに視聴できて非常に考えられていると思う。そして最終話にかけて、50年前から子供の奥底の心は変わっていないこと、無気力で夢のなかったカンちゃんが夢をもったことが明かされ、アクビへの淡い恋心(とは呼べないほど無垢で純粋なものかもしれない)を自覚したカンちゃんは魔法界に戻らないといけないアクビを引き止めるために奮闘する。最終的にはアクビは魔法界に帰ってしまうが、人間として立派に成長したカンちゃんの姿がそこにはあった。ここのカンちゃんの告白シーンがね……もう泣いちゃう。最初のカンちゃんはここまで気持ちを真っ直ぐに伝えられるような子供じゃなかったんですよ。それがこんなに成長して………(落涙)。マリオも非常に良いキャラでした。友情の大切さを強く感じた。カンちゃん達はきっとこの後真っ直ぐに育ち立派な大人になると思います。あと実は僕奥田民生も好きなんですよね。本当に良いアニメでした。50年後にまたリメイクしてほしい。その時は孫と一緒に仲良く観たい(届かぬ思い)

 

ピーターグリルと賢者の時間……8点

うーん素直に射精です。こういうアニメ大好き。キャストが絶妙なのと、塗りがエロアニメのそれなのも含めてちょうどいい。オオカミさん同様明確に陰茎を狙う女性キャラは良い。ピーターグリルは世界最強なのでヒロインズからモテモテなのも納得できるし良い。OPも好き。冷静にこれがデビュー曲アニメの人笑う。EDで最初ルヴェリア先輩と仲睦まじい様子なのに結局4人とヤってるピーターグリルで笑顔。僕が好きなのは………………う~ん、一周回ってルヴェリア先輩。嘘、リサかも。僕もスパルタコス同様リサのおっぱいに目を奪われているのでな……。 最後兆したし続編期待しちゃって良いんですか!?

 

富豪刑事 Balance:UNLIMITED……5点

適当に事件が起きて爆発とかカーチェイスとか派手な動きがあってフッゴーケーイジwって解決するのは予定調和的だが爽快感がある。ただ面白くはないので虚無。最後何あれ。そういうのじゃないんだよ。安定の岸本卓脚本

 

別冊オリンピア・キュクロス……10点

今期1位はこのアニメです。15点くらいつけたい。

貫徹されるテーマ、テンポの良い演出、小野大輔片桐仁の声。

好きなキャラは村長です。

ギャグが冴えわたっていて、毎回笑って楽しいアニメだった。

テーマが一貫しているのも良いし、全体的にもディティール的にも完成度が高かった。

特に好きなポイント列挙

・1話「お前なんぞデメトリオスではなくダメトリオスじゃ!」初出。イルカが伴奏してるのもgood

・4話「自由で良いんだ! やけくそだ〜」の言い方。その後の競技発表の時の村長の顔。オリーブ鼻から飛ばし競技って何

・5話 水中verで再び競技発表。

・7話 EDでトリヨンを食べて幸せそうなおじさんの顔。この曲好き。

・11話「オエエエエ」じゃなくて「ヴォエエエ」なデメトリオス。イルカが吐くのも笑う

・13話「あんたがヘレネス! あんたがヘレネス! 私はレオニダス スパルタかーい!」アハハハハ

・15話「トリンピック!?」エリス人のアホみたいな声

・16話「そうです、こちらはゴミみたいなものです!「むっ!」こき下ろし方。あとEDの赤さん可愛い。この曲好き。たまに家で「BO-KUN BO-KUN NERO〜♪」って大熱唱してる。

・17話 東京観光のシーン。大正野球娘っぽい。小野大輔の笑い声好きすぎ。聖地巡礼難易度が易。

・19話 イルカとフクロウの骨肉の争い。 「良いですね、地獄みたいで!」

・20話 開会式の「じゃがワシは言った……」→「おお〜」の時の村長の動き。

・21話 本編からEDに接続するの斬新。

・22話「景気付けに踊るぞ!」で1話の伏線回収

・24話 村長の首を賭けた説得で思わずホロリ。最後は仲良くトリンピックをやり、そして東京トリンピック音頭で締める。完璧アニメかな?

 

まさかこのアニメで泣くとは思わなかったよね……

あと100000クールやってほしい。せめて来年の夏に2期を……


放課後ていぼう日誌……6点

最初は顔があまり可愛くないアニメだなって思ったけど表情が結構可愛くて、観ていくうちにだんだん愛着がわいてきた。釣りをするだけといえばそうなんだけど、ちゃんと専門的な内容をしてくれるし、釣りを通して友情を深めていくストーリーは誠実という感じで好感がもてた。でも釣りというテーマがあまり興味ないのとメインに眼鏡キャラがいるのがちょっと……ってなった


魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~……4点

アノス様親衛隊が急に応援ソング歌い出したので流石に笑った。でも僕はこういう制作の悪ふざけみたいなのが嫌いなので減点です。こういう痛い非ギャグアニメは魔法科高校の劣等生みたいに作り手は真面目だが痛々しく仕上がってしまったのを笑うのが楽しいのであって、作り手が「どうぞ笑って」という姿勢だと萎えてしまうんですよね。悪ノリにならないギリギリを攻めるのが下手。このアニメが悪ノリ・ネタだとするとギャグアニメになるわけですが、ギャグアニメとしてはそこまで面白くないから、結局帯に短し襷に長しなんですよね。そこを理解して出直してきてほしい。お兄様はこんなものではなかったぞ……! ハミダシモノは好き。ラジオも好き。そこは加点しちゃう。結局声優の力じゃん。なろう滅べ。


ムヒョとロージーの魔法律相談事務所……5点

適当に最後デカい敵と戦ってるな〜くらい。でも最後に今まであまり戦ってこなかったロージーが一等書記官として成長してたのは良かった。ナナ(cv野水伊織)のおかげで快適視聴だった。そうでもないかも。普通。

 

モンスター娘のお医者さん……8点

モン娘、実は好き。苦無とメメが刺さりました。ちゃんと医療ものとしても真剣に作られていた気がする。EDも良い。でもここまで完璧だと逆になんで欠点が存在してしまうんだ……となってしまう。その欠点というのはアラーニャとクトゥリフの顔が良くないこと。こういう風にギリギリで満点を阻止されると悲しい

 

やはり俺の青春ラブコメは間違っている。完……2点

陰キャのふりした陽キャのアニメ。無理。八幡の眼中には雪ノ下以外の女はいないということは今まで観ていればわかることだったので由比ヶ浜が負けヒロインムーブをするたびにうわわ~ってなった。ラストでやっと告白したかって思ったけど特に感情はない。最後に雑に大集合するの笑う。なんか展開に意外性がなくて退屈なんだよね。人気の理由がわからない。でもまあ僕もn年かけて3クール見てきたので傍から見れば人気に寄与しているように見えるのかもしれない。個人的視聴背景としては大学に入ったので思う存分千葉大を叩けるようになったことが前回との違いかな(どうでもいい)

 

Lapis Re:LiGHTs……9点

長くなったので詳細はこちら

 

Re:ゼロから始める異世界生活……8点

1期の時はまあ普通だったけど今はグランベルムと顔が同じだ~となるので最高。